Beauty Of Style

しっかり食べてキレイにやせる!!夏野菜のおいしい食べ方とは!?

野菜たっぷりのメイン料理

食物繊維やミネラルの多い夏野菜はダイエットの強い味方です。もやしと豚肉の梅わさび蒸しはレンジ蒸しで旨みも栄養も逃さないですし、たっぷりの量で見た目もおなかも満足できるでしょう。また、夏野菜と牛肉のレモン蒸しはスッキーニとパプリカ、アスパラガスに長芋とゴロゴロ野菜の食感がポイントです。レモンの酸味で夏らしくさっぱりと仕上げましょう。そして白身魚の和風アクアパッツァはたっぷりの生姜が代謝をアップしてくれるでしょう。しょうゆを小さじ1加えることで和風テイストになりますよ。

作り置き野菜メニュー

夏野菜の水キムチは寝かせるほど旨みがアップしきゅうりにパプリカ、セロリなどの野菜のエキスがしみだした汁ごと食べましょう。漬けた日から2週間ほど保存できますよ。また、カレー風味のコールスローは驚くほどにたっぷりのキャベツをぺろりと食べれてしまいます。カレー粉が夏にぴったりのアクセントとなりたくさん食べることができるでしょう。そして、オクラのだし浸しはオクラとモロヘイヤ、二つのネバネバ食材を存分に使用しておりひんやり感とつるっとしたのどごしで食べやすいですよ。

一品で満足できるレシピ

遅く帰ってきた日にぴったりなのが押し麦のリゾットです。押し麦にセロリやエリンギ、玉ねぎやニンジンやひよこ豆などを加えオクラも使うと心もおなかも癒されながらデトックスできますよ。また、そばとひじきのモロヘイヤだれはひじきでそばのかさましをおこなうダイエットメニューで、さらにモロヘイヤのネバネバ感があるたれにつけて食べればパーフェクトです。ほかにも、スーパーフードのキヌアを食べやすくしたキヌアサラダはパプリカなどを加えてカッテージチーズやマヨネーズなどを和えます。細かな彩野菜にはよく噛む効果も期待できるでしょう。

品川美容外科の訴訟まとめサイト