Beauty Of Style

お悩みに合わせて詳しく解説!?若返りのためのコンシーラーの使い方!

若く見えるナチュラル肌に

コンシーラーを上手に使いこなせば年齢よりも若い肌を確実にかなえられるでしょう。若く見えるナチュラルな美肌をかなえるには、まずはシミやクマといった大人の代表的なお悩みをカバーしましょう。シミにはパレットタイプのコンシーラーを使用しシミ全体よりも1mmほど広くのせる程度でよく、薬指でなじませていきます。小鼻も同じタイプのものを使用して暖かめの色をのせて薬指でトントンとなじませていくといいでしょう。クマはペンタイプのものを使用して目のキワから少し離してのせ、斜め下にむかって範囲は目の幅くらいにのせていきます。乾かないうちに素早くなじませ、ほうれい線についても同じタイプのものを使用し素早くぼかしていきましょう。この4か所を調えるだけで見た目の印象はグンと若返りますよ。

目や鼻や口にメリハリをつける

1アイテム取り入れるだけで顔のフォルムを補正したり立体感も生み出すことができますよ。暗めのコンシーラでシェーディングをおこない明る色で広い部分の肌悩みをカバーしてみましょう。目や鼻、口にメリハリをつけるにはパーツを際立たせて立体感をプラスするのがポイントです。さりげないハイライト効果は明るい色を使うことでバランスがとれますよ。ぼんやりしがちな大人の顔も光を味方に付けることで骨格を強調したりメリハリ顔にシフトできるでしょう。

骨格やそばかすの悩みをカバー

丸顔や面長など顔の輪郭を補正するには削りたい部分に暗めのリキッドコンシーラーをのせるがポイントです。ぬれたスポンジを使うことで自然な小顔効果をもたらしてくれるでしょう。丸顔、エラハリの人は耳の下から口の横くらいまでのフェイスラインを中心に暗めの色をのせていき、面長やあご長の人はあごあたりのフェイスラインと額を出す場合はおでこのてっぺんの生え際にものせていきましょう。また、顔の広い部分をしっかり隠したいときにはカバー力の高いスティックタイプをスポンジでのせるとよく、そばかすや赤みをなかったことにしてくれますよ。

品川美容外科の提訴まとめサイト